WORKS

検査路

「検査路」は橋梁の点検を目的とした通路で、桁の下や中を見て橋の状況を確認するために設置する物です。一般的には鋼製の物が多く、防錆処理として亜鉛メッキを施します。昨今、耐蝕性の点や軽量化の利点を考慮し、FRP製の物も採用されるようになっています。
ライフクでは鋼製・FRP製・アルミ製と幅広い素材の検査路を取り扱っております。

お問い合わせ