WORKS

情報BOX・耐火防護

「情報BOX」とは、光ファイバーケーブルを収めるためのさや管を、複数(通常は6管)内部に収めた管路であり、道路の利用者に向けて渋滞や天気をはじめとした情報を提供するための光ファイバーが敷設されています。そして、管理用光ケーブルや電気通信事業者用光ケーブルの施設を可能にするための保護管を設置する工事を「情報BOX工」、その保護管を火気から防護するための工事を「耐火防護工」といいます。
ライフクでは情報インフラのためのそれらの安全施工を請け負っております。

  • 情報BOX

    情報BOX

  • 耐火防護

    耐火防護

お問い合わせ